本当に隠せるコンシーラーはどれだ?比較実験ランキングをみる

一番使える強力コンシーラーを探せ

どれも大事なカバー力、落ちにくさ、自然さで総合判定
タトゥーを隠すコンシーラーは「絶対に見えない」「途中で落ちない」「不自然でない」の3項目をクリアしているものを使わないと、色落ちや崩れが心配になって楽しい時間を過ごすことができません。そこで、一番頼れる強力コンシーラーを見つけるため、口コミで評判の高い4アイテムを実際にお肌に塗って、比較実験を行いました。

CHECK POINT カバー力カバー力 落ちにくさ落ちにくさ 自然さ自然さ
◎

よく伸び、しっかり固まりカバー

◎

摩擦、水分どちらにも強く落ちない

○

自然に馴染んで素肌のように見える

SCボディー
カバーファンデ
マーシュフィールドSCボディーカバーファンデ
△

乾くとカバーした箇所が浮き出てくる

○

摩擦には強いが、水にやや弱い

×

お肌との違和感が拭いきれない

◎

塗った感はあるが、カバー力はある

×

すぐに落ちてしまい、キープ力NG

△

はじめは馴染むが、徐々に浮き出る

△

カバーできるが、べたつき感が残る

×

水はほぼ落ち、摩擦も極小残る程度

△

肌なじみは良いがタトゥーが隠れない

タトゥー隠しの実験結果

なんといっても一番効果を期待したいカバー力では、ウルトラカバーコンシーラーやカクシーラーEXが特に実力を発揮しました。
しかし、カクシーラーEXは水や汗に弱く、すぐに落ちてしまうのが欠点で、常にタトゥーを隠している状態をキープするのは難しそうです。
その点、ウルトラカバーコンシーラーは水や汗にも強く、自分の肌の色に調色ができるため、どんなシーンでも万能に使うことができるでしょう。

カバー力

カバー力

しっかりタトゥーを隠せて使いやすいのはウルトラカバーコンシーラーWP。適度な硬さと適度な伸びで気になるタトゥーもサッと隠すことができます。

カバー力 カバー力の
比較実験結果を見る
落ちにくさ

落ちにくさ

ウルトラカバーコンシーラーは摩擦、お湯でもまったく落ちず、水辺のレジャーに最適。その他商品は意外と脆く、頻繁なチェックが必須。

落ちにくさ 落ちにくさの
比較実験結果を見る
自然さ

自然さ

やはりお肌と馴染む&隠す、をしっかり成し遂げるのは難しい模様。ウルトラカバーコンシーラーだけが見た目も自然でバレない仕上がりに。

自然さ 自然さの
比較実験結果を見る

GENERAL EVALUATION

実験で評価が高い
ウルトラカバーコンシーラーでタトゥー隠し

実験で一番優れていたウルトラカバーコンシーラーを使って、実際のタトゥーをどのくらい隠すことができるのか試してみました。カバー力、自然さに注目してビフォーアフターを見ていきましょう。

タトゥー隠し_before→after

もともとのタトゥーはかなり見えにくくなったのではないでしょうか。そして何より自然に見えるのが一番嬉しいですよね。近くで見ても言われないと気付かないほどの自然さになっています。
また、ウルトラカバーコンシーラーは調色できるので、自分の肌色に合わせてコンシーラーを使うことができます。
どんな方にも使いやすいコンシーラーなのが、人気を集める理由のなのでしょう。とにかくきれいにタトゥーを隠したいと思った方は一度使ってみてはいかがですか?

タトゥー・刺青を隠したい!こんな時どうする?

タトゥー・刺青を隠したい!
こんな時どうする?

結婚式やパーティー、仕事など、一般的にタトゥーが敬遠されるシチュエーションで上手に隠すにはどうしたらよいのでしょうか?また、「タトゥーお断り」が多い温泉やプールを楽しむためにベストな方法とは?国内でタトゥーOKの施設などもご紹介しています。

シチュエーション別
タトゥー隠しの方法をみる
超強力コンシーラーの選び方・使い方のコツ

超強力コンシーラーの
選び方・使い方のコツ

超強力コンシーラーを使えば、タトゥーだけでなく頑固なシミ、ほくろ、あざまで隠すことができます。カバー力が高い分、自然な演出方法を知っておかないと、隠しているのがバレバレに!?初心者向けの選び方&使い方講座で強力コンシーラーをマスターしましょう。

超強力コンシーラーの
選び方・使い方をみる

GUIDE

使い道いろいろ!
超強力コンシーラーガイド

タトゥーに限らず、なかなか消えない肌悩みは何でもおまかせ!

超強力コンシーラーはタトゥーを消す専用商品ではなく、手ごわいシミ、消えないあざ、ほくろ、傷跡…など、お肌の悩みをまとめて消し去ることが可能!一度使うとそのパワフルさと崩れにくさに、普通のコンシーラーではカバー力が物足りなくなってしまいます。タトゥーがなくても強力コンシーラーを持っている女性は意外と多いんですよ。

RECOMMEND

タトゥー隠しにおすすめの
コンシーラー特集

口コミ、ランキングで人気の商品をずらりラインナップ

様々なお肌の悩みをバッチリ隠せる、と口コミでよく話題になるコンシーラー8商品について、価格や成分、カバー力、落ちにくさ、自然さなど1アイテムずつじっくり解説しています。番外編として、シール、テープ、スプレータイプの男女問わず使いやすいタトゥー隠しもご紹介。自分のお肌&お悩みに合う1品はどれか、探してみましょう。

タトゥー隠しに
コンシーラーがなぜいいの?

コンシーラーのメリット

コンシーラーを使ってタトゥーを隠す一番のメリットは、なんといっても簡単さです。また、コンシーラーを洗い流せば再びタトゥーが楽しめる点もメリットと言えるでしょう。

例えば、「入れたタトゥーは気に入っているけれど、仕事(結婚式、子どもの参観日など)のときだけは隠したい」という場合。コンシーラーを使ってメイク感覚でタトゥーが隠せれば便利ですよね。最近では、ウォータープルーフ対応のボディコンシーラーも発売されています。小さなタトゥーであれば、プールや海で水着になる際や、温泉でも隠すことが可能です。昔と比べて今は、タトゥーを隠してレジャーを満喫しやすい時代と言えそうです。

また、コンシーラーは手軽に購入できる金額なため、手術やレーザー施術によってタトゥー消しをする場合よりも安くタトゥーが隠せます。ただし、毎日コンシーラーを使ってタトゥーを隠す必要があるなら、コンシーラーを使い続けるコストと手間を考えると、他の方法を選択するほうが安く済む場合もあるでしょう。

コンシーラー以外を使った際のデメリット

コンシーラー以外でタトゥーを隠す方法としては、タトゥー消しに対応している医療機関や美容外科クリニックで治療する方法が一般的です。

例えば、レーザー治療や切除・植皮・皮削治療などがその例です。

レーザー治療は皮膚にレーザーを照射して、色素を細かい分子に破壊しタトゥーを除去する方法です。切除術による治療と比べて大掛かりな手術は不要な一方で、完全にタトゥーを消せない場合も多く、何度も治療に通わなければなりません。

また、タトゥーを入れた皮膚を切開して行う切除治療や植皮治療などの外科治療の手術はコストもそれなりにかかります。また、ドクターの腕やタトゥーの大きさ・場所によってはケロイド状の傷跡のように跡が残る可能性は否めません。

コンシーラー以外のタトゥー除去方法にはもちろんメリットもありますが、しっかりとリスクを承知した上で、コンシーラーとどちらがいいのかを検討したほうがいいでしょう。

コンシーラーでタトゥーを隠した人の声

首に入れた500円玉大のタトゥーを隠したくてコンシーラーを使い始めました。私が使ったコンシーラーは色のバリエーションが豊富だったため、肌の色に近いものが見つかりしっかりと隠せました。とはいえ、日焼けしたりすると地肌との違いが目立ってしまうため、より自然に見えるために、2、3色のコンシーラーを組み合わせて使っています。(20代前半 女性)

タトゥーを自分で彫ったところデザインに失敗。若気の至りとはいえ、自分で入れるものではないと後悔しています。レーザーである程度消した上から、痕をさらに目立たなくさせるためにコンシーラーを使っています。女性と違って化粧の経験がないので、最初はなかなか使い慣れなくて、仕上がりも汚かったのですが、最近はうまく使えるようになりました。コンシーラーと肌との相性もあるようなので、納得のいくものに出会えるまで色々試した方がいいと感じています。(30代前半 男性)

スティックタイプのコンシーラーを使っています。さっと塗れて、ワンポイント程度のタトゥーなら簡単に隠せるので気に入っています。ただ、完全に素肌のようにはできず、よく見るとコンシーラーを塗っているのはわかってしまいます。もっといいコンシーラーがないか色々試していましたが、塗りやすさ重視で結局スティックタイプのものを使う機会が多い気がします。タトゥーの場所や、どの程度隠したいかによっても合うコンシーラーは人それぞれかなと思います。(40代 男性)

自然にキレイにカバーできる タトゥー隠しコンシーラー比較サイト」は、タトゥー隠しをしたい人のために個人が作ったサイトです。 各商品についての最新情報を知りたい方は、各公式HPをご確認ください。