本当に隠せるコンシーラーはどれだ?比較実験ランキングをみる

一番使える強力コンシーラーを探せ

どれも大事なカバー力、落ちにくさ、自然さで総合判定
タトゥーを隠すコンシーラーは「絶対に見えない」「途中で落ちない」「不自然でない」の3項目をクリアしているものを使わないと、色落ちや崩れが心配になって楽しい時間を過ごすことができません。そこで、一番頼れる強力コンシーラーを見つけるため、口コミで評判の高い4アイテムを実際にお肌に塗って、比較実験を行いました。

CHECK POINT カバー力カバー力 落ちにくさ落ちにくさ 自然さ自然さ
◎

よく伸び、しっかり固まりカバー

◎

摩擦、水分どちらにも強く落ちない

○

自然に馴染んで素肌のように見える

SCボディー
カバーファンデ
マーシュフィールドSCボディーカバーファンデ
△

乾くとカバーした箇所が浮き出てくる

○

摩擦には強いが、水にやや弱い

×

お肌との違和感が拭いきれない

◎

塗った感はあるが、カバー力はある

×

すぐに落ちてしまい、キープ力NG

△

はじめは馴染むが、徐々に浮き出る

△

カバーできるが、べたつき感が残る

×

水はほぼ落ち、摩擦も極小残る程度

△

肌なじみは良いがタトゥーが隠れない

タトゥー隠しの実験結果

なんといっても一番効果を期待したいカバー力では、ウルトラカバーコンシーラーやカクシーラーEXが特に実力を発揮しました。
しかし、カクシーラーEXは水や汗に弱く、すぐに落ちてしまうのが欠点で、常にタトゥーを隠している状態をキープするのは難しそうです。
その点、ウルトラカバーコンシーラーは水や汗にも強く、自分の肌の色に調色ができるため、どんなシーンでも万能に使うことができるでしょう。

カバー力

カバー力

しっかりタトゥーを隠せて使いやすいのはウルトラカバーコンシーラーWP。適度な硬さと適度な伸びで気になるタトゥーもサッと隠すことができます。

カバー力 カバー力の
比較実験結果を見る
落ちにくさ

落ちにくさ

ウルトラカバーコンシーラーは摩擦、お湯でもまったく落ちず、水辺のレジャーに最適。その他商品は意外と脆く、頻繁なチェックが必須。

落ちにくさ 落ちにくさの
比較実験結果を見る
自然さ

自然さ

やはりお肌と馴染む&隠す、をしっかり成し遂げるのは難しい模様。ウルトラカバーコンシーラーだけが見た目も自然でバレない仕上がりに。

自然さ 自然さの
比較実験結果を見る

GENERAL EVALUATION

実験で評価が高い
ウルトラカバーコンシーラーでタトゥー隠し

実験で一番優れていたウルトラカバーコンシーラーを使って、実際のタトゥーをどのくらい隠すことができるのか試してみました。カバー力、自然さに注目してビフォーアフターを見ていきましょう。

タトゥー隠し_before→after

もともとのタトゥーはかなり見えにくくなったのではないでしょうか。そして何より自然に見えるのが一番嬉しいですよね。近くで見ても言われないと気付かないほどの自然さになっています。
また、ウルトラカバーコンシーラーは調色できるので、自分の肌色に合わせてコンシーラーを使うことができます。
どんな方にも使いやすいコンシーラーなのが、人気を集める理由のなのでしょう。とにかくきれいにタトゥーを隠したいと思った方は一度使ってみてはいかがですか?

タトゥー・刺青を隠したい!こんな時どうする?

タトゥー・刺青を隠したい!
こんな時どうする?

結婚式やパーティー、仕事など、一般的にタトゥーが敬遠されるシチュエーションで上手に隠すにはどうしたらよいのでしょうか?また、「タトゥーお断り」が多い温泉やプールを楽しむためにベストな方法とは?国内でタトゥーOKの施設などもご紹介しています。

シチュエーション別
タトゥー隠しの方法をみる
超強力コンシーラーの選び方・使い方のコツ

超強力コンシーラーの
選び方・使い方のコツ

超強力コンシーラーを使えば、タトゥーだけでなく頑固なシミ、ほくろ、あざまで隠すことができます。カバー力が高い分、自然な演出方法を知っておかないと、隠しているのがバレバレに!?初心者向けの選び方&使い方講座で強力コンシーラーをマスターしましょう。

超強力コンシーラーの
選び方・使い方をみる

GUIDE

使い道いろいろ!
超強力コンシーラーガイド

タトゥーに限らず、なかなか消えない肌悩みは何でもおまかせ!

超強力コンシーラーはタトゥーを消す専用商品ではなく、手ごわいシミ、消えないあざ、ほくろ、傷跡…など、お肌の悩みをまとめて消し去ることが可能!一度使うとそのパワフルさと崩れにくさに、普通のコンシーラーではカバー力が物足りなくなってしまいます。タトゥーがなくても強力コンシーラーを持っている女性は意外と多いんですよ。

RECOMMEND

タトゥー隠しにおすすめの
コンシーラー特集

口コミ、ランキングで人気の商品をずらりラインナップ

様々なお肌の悩みをバッチリ隠せる、と口コミでよく話題になるコンシーラー8商品について、価格や成分、カバー力、落ちにくさ、自然さなど1アイテムずつじっくり解説しています。番外編として、シール、テープ、スプレータイプの男女問わず使いやすいタトゥー隠しもご紹介。自分のお肌&お悩みに合う1品はどれか、探してみましょう。

タトゥー隠しに
コンシーラーがなぜいいの?

コンシーラーのメリット

コンシーラーを使ってタトゥーを隠す一番のメリットは、なんといっても簡単さです。また、コンシーラーを洗い流せば再びタトゥーが楽しめる点もメリットと言えるでしょう。

例えば、「入れたタトゥーは気に入っているけれど、仕事(結婚式、子どもの参観日など)のときだけは隠したい」という場合。コンシーラーを使ってメイク感覚でタトゥーが隠せれば便利ですよね。最近では、ウォータープルーフ対応のボディコンシーラーも発売されています。小さなタトゥーであれば、プールや海で水着になる際や、温泉でも隠すことが可能です。昔と比べて今は、タトゥーを隠してレジャーを満喫しやすい時代と言えそうです。

また、コンシーラーは手軽に購入できる金額なため、手術やレーザー施術によってタトゥー消しをする場合よりも安くタトゥーが隠せます。ただし、毎日コンシーラーを使ってタトゥーを隠す必要があるなら、コンシーラーを使い続けるコストと手間を考えると、他の方法を選択するほうが安く済む場合もあるでしょう。

コンシーラー以外を使った際のデメリット

コンシーラー以外でタトゥーを隠す方法としては、タトゥー消しに対応している医療機関や美容外科クリニックで治療する方法が一般的です。

例えば、レーザー治療や切除・植皮・皮削治療などがその例です。

レーザー治療は皮膚にレーザーを照射して、色素を細かい分子に破壊しタトゥーを除去する方法です。切除術による治療と比べて大掛かりな手術は不要な一方で、完全にタトゥーを消せない場合も多く、何度も治療に通わなければなりません。

また、タトゥーを入れた皮膚を切開して行う切除治療や植皮治療などの外科治療の手術はコストもそれなりにかかります。また、ドクターの腕やタトゥーの大きさ・場所によってはケロイド状の傷跡のように跡が残る可能性は否めません。

コンシーラー以外のタトゥー除去方法にはもちろんメリットもありますが、しっかりとリスクを承知した上で、コンシーラーとどちらがいいのかを検討したほうがいいでしょう。

コンシーラーでタトゥーを隠した人の声

首に入れた500円玉大のタトゥーを隠したくてコンシーラーを使い始めました。私が使ったコンシーラーは色のバリエーションが豊富だったため、肌の色に近いものが見つかりしっかりと隠せました。とはいえ、日焼けしたりすると地肌との違いが目立ってしまうため、より自然に見えるために、2、3色のコンシーラーを組み合わせて使っています。(20代前半 女性)

タトゥーを自分で彫ったところデザインに失敗。若気の至りとはいえ、自分で入れるものではないと後悔しています。レーザーである程度消した上から、痕をさらに目立たなくさせるためにコンシーラーを使っています。女性と違って化粧の経験がないので、最初はなかなか使い慣れなくて、仕上がりも汚かったのですが、最近はうまく使えるようになりました。コンシーラーと肌との相性もあるようなので、納得のいくものに出会えるまで色々試した方がいいと感じています。(30代前半 男性)

スティックタイプのコンシーラーを使っています。さっと塗れて、ワンポイント程度のタトゥーなら簡単に隠せるので気に入っています。ただ、完全に素肌のようにはできず、よく見るとコンシーラーを塗っているのはわかってしまいます。もっといいコンシーラーがないか色々試していましたが、塗りやすさ重視で結局スティックタイプのものを使う機会が多い気がします。タトゥーの場所や、どの程度隠したいかによっても合うコンシーラーは人それぞれかなと思います。(40代 男性)

アイテムの選び方

タトゥー隠しのためのアイテムは、コンシーラー以外にもさまざまな種類があります。ファンデーション、サポーター、シール・テープ・シートなどいわゆる「貼り付けて使う」タイプ、スプレーなどが特に人気です。各アイテムの特徴を整理し「どんな場合にどれを選んだらよいか」についてご紹介します。

ファンデーション

ファンデーションやボディ用ファンデーションを使えば、タトゥー隠し専用のタイプでなくても、小さなタトゥーならほぼカバーすることができます。ファンデーションはたいていカラーバリエーションが豊富なので、自分の肌の明るさにピッタリのものを見つけるのも簡単です。肌の色に近ければ近いほど、肌の他の部分と一体化するので、目立たない隠し方が可能です。そのため「あまりカラフルではない小さなタトゥーを、できるかぎり自然に隠したい」という人にはおすすめのアイテムです。ただ、化粧品などを使ったことのない男性は、使い方のコツをつかむまで多少時間がかかるかもしれません。

サポーター

夏場になると、半袖のTシャツなどを着る機会が増えます。腕にあるタトゥーがむき出しになります。そのタトゥーを隠したい時には、サポーターが便利です。装着も簡単です。通気性のよい素材を利用したものもあるので、あまり汗をかかない体質の人であれば暑い日でもそれほど気になりません。サポーターは腕全体を覆うことができるため、腕に大きなタトゥーがある人には最適なアイテムであるといえます。また、色や柄、素材などを工夫することで、服の一部としておしゃれに「着こなす」こともできます。

シール

シールやテープ、シートなど、貼るタイプのタトゥー隠しはとてもたくさんの種類があります。これらのタトゥー隠しアイテムに共通する、2つの主な特徴は「耐水性に優れている」「長時間連続使用が可能」です。そのため、温泉やプールなどを利用する場合には最適です。ただ、シールはたいていB6程度の大きさです。タトゥーがあまり広範囲にわたる場合は、何枚もシールを貼らなくてはならなくなるため、やや不自然な見た目になってしまうのであまりおすすめできません。

スプレー

一度に素早く、広範囲のタトゥーを隠すのに便利です。また、霧状の成分を噴きかけるので、膝や足首、指などの関節にも簡単になじませることができます。カバー力が強い上に持続時間が長いものが多く、とても優秀なアイテムです。ただ、スプレー特有のにおいが気になる人もいるようです。また、使用する際は壁や床、あるいは服などを汚したり、目の中に成分が入ったりしないよう、取り扱いに注意する必要があります。

その他のおすすめタトゥー隠しアイテム

【1】カバーシール3枚入 温泉・プールに入れるタトゥーカバーシール 

タトゥー隠し専用のシールです。シールの厚みはわずか0.05mm。この薄さですので、シールというよりはフィルムに近い感覚といえます。目立ちにくい上に、水やお湯につけてもはがれないので、安心してプールで泳いだり温泉を楽しんだりすることができそうです。

  • 料金:1,026円
  • メーカー:CAXEL

【2】タトゥー隠しシール お試しアソートセット

水分に強いのでさまざまなシーンで活躍してくれます。温泉やプールはもちろんのこと、激しい運動をしてもズレたりする心配がありません。スポーツ施設での使用にも最適です。剥離紙からシールをはがすだけなので、鏡を見ながら背中にも貼るのもラクラクです。

  • 料金:1,469円
  • メーカー:株式会社清和産業

【3】肌かくしーと10枚入り

国内工場で製造されているこちらのアイテムは、パッチテストやホルムアルデヒドの試験済み。安全性が高いといえます。4色のカラーバリエーションがあるため、自分にピッタリのトーンを選ぶことが可能です。貼り方は肌の汚れを落とし、しっかりと肌を乾かして貼り付けるだけ。

  • 料金:1,857円 
  • メーカー:肌かくしーと

【4】カモフラージュボディカバー

タトゥーのみならず、傷跡や妊娠線にいたるまで「消したいところ」に使用できるボディファンデーションです。テレビや映画の撮影時、さらにはシンクロナイズドスイミングの選手にも愛用されています。

  • 料金:3,780円
  • メーカー:ダーマカラー

【5】アームサポーター タトゥー・入れ墨・刺青隠し 黒ロング薄手タイプ男女兼用 2枚

肌に直接塗ったり貼ったりしないタイプの、タトゥー隠しアイテムです。そのため、タトゥー隠しアイテムの成分で肌荒れが心配な方に向いていると言えます。ポリエステル製で伸縮性があり、長時間つけていても疲れないのがうれしいポイントです。無地のブラックなので、服にも合わせやすいですね。

  • 料金:980円
  • メーカー:ease

【6】タトゥーコンシーラー 専門防水傷跡コンシーラー 隠しスポット傷マークメイクアップ  カバーアップクリームセット 

ナチュラルな仕上がりが売りのコンシーラーです。最初に茶色いクリームを塗布。そのあと白いクリームを使って、自分の肌の明るさになじむよう調節できます。成分はアルコールフリーなので、肌がアルコールの刺激に弱い方にも向いています。

  • 料金:1,539円
  • メーカー:ZJchao

【7】ファンデーションテープ タトゥー隠しシール 10枚入

累計販売数100万枚超の人気のタトゥー隠しアイテム。原料から販売にいたるまで、完全な日本製というこだわり。使用しているテープは、特殊加工により表面のツヤが抑えられているため、光が反射しにくい性質を持っています。「目立たない」ことを重視する人には特におすすめの一品。

  • 料金:1,390円
  • メーカー:ファンデーションテープ

【8】水で貼る極薄タトゥーカバーステッカー B6サイズ×8枚入り

商品名のとおり、水転写式のステッカーです。タトゥーやアザなどをカバーしてくれます。タトゥーの形やサイズに合わせてカットしてから使用します。B6サイズが8枚も入っているため、隠したいタトゥーが小さい場合には複数回使える便利アイテムです。

  • 料金:799円
  • メーカー:ポケスリム

【9】はるびはだ

1週間続けて使用できる優秀なタトゥー隠しです。防水性に優れているので、温泉やプール、スポーツ施設などでも安心して利用可能。端のほうから軽く揉むようにおさえていくと、上手にシールを貼り付けることができます。

  • 料金:2,550円
  • メーカー:Ale-SQUARE

【10】ボディーファンデーションスプレー 65ml

スプレータイプのタトゥー隠しです。シミやアザなどにもおすすめです。「超防水仕様」となっているため、水につかったりしても3日間はカバー力が持続します。カバー力が強いので、派手なタトゥーも、ほんの少量スプレーするだけで隠すことが可能です。

  • 料金:3,024円
  • メーカー:カクシス

タトゥー隠しを使うときの3つの注意点

施設によっては、タトゥーを隠していてもNG

タトゥーがあると、利用できない施設があるのはご存知かと思います。代表的なのは温泉や銭湯、プールなどです。最近では、オシャレ感覚で気軽にタトゥーを入れる人も少なくありません。そのため、かつてほどは「こわそう」なイメージを周りに与えることはないでしょう。けれども、どうしてもマイナスイメージを感じる人もいます。タトゥー隠しのシールを貼っていても、はがれてしまう可能性があるので、一部のレジャー施設ではタトゥーを隠していた状態でも、タトゥーをしているお客さんの利用を制限しているわけです。利用したい施設がある場合は、事前にその施設のHPでなどで確認しておくことをおすすめします。

タトゥー隠しがはがれないよう注意する

シールタイプのタトゥー隠しを貼っているとき、特に注意しなくてはならないは、かゆみや違和感、無意識に「こすってしまう」ことです。高い耐水性があるものや、長時間の連続使用が可能なタイプでも、大きな力などが加わればはがれてしまいます。

自分の肌質に合うタトゥー隠しを選ぶ

自分の肌質に合ったアイテムを選択することが大切です。また、シールタイプのものを使用する際は、貼る部分の肌を清潔にしておきましょう。汗などをかいている状態で貼ってしまうと、肌トラブルの原因となったり、水分ではがれやすくなったりしてしまいます。なお、肌トラブルが続く場合は、自分に合わないタトゥー隠しを使っている可能性があるので、お医者さんに相談するなど対処をしましょう。

少し特殊なタトゥーの隠し方

スポーツシーンなどでおすすめ

着る物でタトゥーを隠す場合、ラッシュガードが便利です。ラッシュガードとは、紫外線対策を主な目的として、マリンスポーツなどをするとき身につけるウェアのことです。海で遊ぶときやプールで泳ぐとき、水着などの上に着用します。オシャレなデザインのものも増えてきているのでケースによっては活躍してくれるでしょう。

女性におすすめ

ストッキングやタイツを着用することで、ごく自然に脚のタトゥーを隠せます。デニールが高い厚手のものであれば、しっかりと隠すことが可能です。また、タトゥーの位置にもよりますが、ハイソックスやレギンス、スパッツなどもお役立ちアイテムになります。

髪が長い人におすすめ

必要に応じて隠しやすいといえるのが、耳の後ろのタトゥーです。髪が長い女性の間では隠しやすいこともあり、耳の後ろに小さなタトゥーを入れるのは人気があります。隠し方としては、髪を耳にかけたり、耳を出さないアレンジを工夫したり、耳の隠れる髪型にする方法などがあります。

自然にキレイにカバーできる タトゥー隠しコンシーラー比較サイト」は、タトゥー隠しをしたい人のために個人が作ったサイトです。 各商品についての最新情報を知りたい方は、各公式HPをご確認ください。