ほくろ

顔の印象をがらりと変えてしまうほくろ。皮膚に凹凸が無い平らなほくろであれば、強力なコンシーラーで一網打尽。ほくろがあることを一切感じさせない美肌が完成します。関連情報として、ほくろと似た悪性腫瘍「メラノーマ」についてもご紹介しています。

平面のほくろならコンシーラーでなかったことに

泣きぼくろや口元の小さなほくろは、セクシーに見えるため男性からの支持も高いものです。しかしそんなベストポジションにおさまってくれるモノはごく一部…目立つところに出来て困っている方も多いです。また、色白な方に多いのが、ほくろの数が多いタイプ。肌が白い分、黒いほくろが余計に目立ってしまうのです。

単純にほくろ、と総称していますが色や形はバリエーション豊かで、1箇所に複数のタイプが出来ることもしばしばです。

  • 色:薄い茶色、濃い茶色、黒など、その場所でメラニンがどのぐらい働いているかによって異なります。
  • 形:平らなもの、盛り上がったものがあります。形はほぼきれいな円形です。毛が生えているものもあります。
  • 大きさ:通常は5mm以下ですが、それ以上のものもまれにあります。

平らなものであれば色形を問わず、市販のコンシーラーを使ってメイクテクニックで目立たなくする事ができます!盛り上がったほくろはコンシーラーを使っても隠し切るのは難しいので、美容外科等でのレーザー治療をしたほうが適切だと思います。

ほくろを消すメイク術

数ミリ程度の小さなスポットであることが多いほくろには、狭い範囲に塗れる&カバー力の強力なスティックタイプ・ペンシルタイプがオススメです。

ほくろの色味(茶色~黒系)を抑えるには「赤みのあるコンシーラー」が最適。その上からファンデーション等の肌色を乗せる事で、自然に馴染ませることができます。パウダーファンデの場合は先にコンシーラー部分にファンデのついたパフを乗せておさえましょう。リキッドファンデの場合は赤いコンシーラーの上からもう一度ファンデを軽く乗せて馴染ませていくと良いでしょう。最後にルースパウダーなどで光を散乱させると、より自然に仕上がります。

広範囲にほくろがある場合は、スティックやペンシルだと大変なので、クリームタイプでタトゥーなどを消す事ができる強力なものを使うと良いでしょう。

ほくろ隠しにおすすめ!頼れるコンシーラー

2種類おすすめアイテムをご紹介します。あなたに合った隠し方を見つけましょう。

ウルトラカバーコンシーラーWP(EXIA)

ウルトラカバーコンシーラーW_キャプチャ画像P
画像参照元:株式会社EXIA HP(http://www.jhuc.jp/)

日本人の肌色にあわせて調色された国産製品で、黒系タトゥーまできれいに消せる超強力コンシーラー。濃いほくろ、大きなほくろでも簡単にカバーでき、しっかり塗れば全く気付かれません。朝塗れば夜まで崩れずキープ可能です。

カクシーラーEX(ドリーム)

カクシーラーEX_キャプチャ画像
画像参照元:Dream HP(http://mydream.co.jp/commodity/322)

カバー成分が従来比450%アップ!シミやクマだけでなく、ほくろ・タトゥーまで簡単に消せるアイテムに生まれ変わりました。2種の美容オイル配合で重ねて塗っても乾燥せず、お肌にも優しいコンシーラーです。

【コラム】気をつけて!ほくろと似ている「メラノーマ」

「大きなほくろはガンだ!」という話を一度は聞いた事があるかと思います。さきほど、一般的な定義として「ほくろの大きさは5mm以下」と述べましたが、中にはそれより大きくなるほくろもあります。実は直径6mm以上のものは、ほくろではなく「メラノーマ」という悪性腫瘍の可能性があるんですよ!

ちなみに、メラノーマはほくろと違い、形も左右非対称で輪郭がギザギザとぼやけています。また、色が真っ黒だったり、赤っぽかったりとこちらも普通のほくろとはやや異なっています。また、急に色が変わる事もあるようです。急激に大きくなるほくろがあったら、要注意ですよ!

初期のメラノーマは痛みも無く、普通にほくろと見分けがつかないことも多いので放置してしまうことがほとんどですが、ガンの進行はかなり早いため、かゆみや痛み・出血がでてきて病院を受診したときには既に末期であるケースも!特に出来やすい部分は「足の裏」なので、普段から気にして確認しましょう。少しでも変なほくろがあったら、遠慮せず皮膚科で相談することをオススメします。