シミ

年齢と共に顔に出てくる嫌なヤツといえば、シミ。頬に1つあるだけで一気に老け込んだ印象になりますから、タトゥーも消せるほどの強力コンシーラーを利用してナチュラルに目立たなくしましょう!タイプ別のシミ隠しにオススメの商品もご紹介しています。

プロ級の仕上がり!タイプから知るシミの隠し方

シミはあなたの見た目に百害あって一利なしの邪魔者。毎日美白を頑張っていても、年を重ねるといつの間にか一つ、二つ…お金があるなら見つけるたびにレーザー治療を受けたいぐらいですが、さすがにそうは行きませんよね。

そこで利用したいのが、シミよりはるかに目立つタトゥーを消せる超強力コンシーラー。メイクに取り入れるだけで、仕上がりがぐんと若々しくなります。

とはいえ、むやみやたらと使えば良いものではありません。シミのタイプによってオススメアイテムが違うので、まずはご自身のシミの状態を見極めることから始めましょう!

顔に出来るシミの種類

大きく分けて5種類のシミがあります。自分での判断が難しい場合、病院でもどのタイプか診断してもらえるそうですよ。

老人性色素斑
(日光黒子)
シミの中で最も多くの人にできるもので、頬骨の高い位置やこめかみに出来る「お年寄り」のシミ。日光黒子という名の通り、長い間紫外線を浴びてきたことによって発生します。凸凹はなく、色の濃淡は人によって様々です。
肝斑 女性ホルモンの乱れによって起こる、頬骨のあたりにもやがかかるような薄茶色のシミ。30代~40代に多く見られ、一時期CMでも取り上げられていたため、認知度がかなり高くなりました。
そばかす
(雀卵斑)
米粒~小豆ほどの大きさで、鼻の周囲を中心にして広範囲に現れます。遺伝による影響が主で、年齢に関係なく若いうちから現れます。
 炎症後色素沈着 ニキビ跡・傷跡が茶色く変化し、肌に残ってしまいシミとなった状態。色の濃淡は人それぞれで、原因がお肌の奥深くにあることが多く消えづらいシミです。
老人性ゆうぜい
(脂漏性角化症)
皮膚の老化によって起こるシミ…というより、盛り上がったイボのような状態。頬やこめかみに出来やすく、こちらは皮膚の老化が原因となっています。

このうち、老人性ゆうぜい以外は何かしらの薬を飲んだり、塗ることで改善が見込めます。ただし、色がかなり濃くなってしまったものはかなり時間を要しますので、美容外科等でレーザー治療を受けるのが効果的、とされています。ただし、1cm×1cmの大きさを除去するのに1~3万円かかりますから、しっかり消そうとするとかなりの出費ですね。そのため、「メイクで上手に隠す」技術が必要になってくるのです。

シミを自然に消す技術を身につけよう!

メイクのテクニックでシミを消すには、コンシーラーとファンデーションを上手に使うのがポイントです。

コンシーラーの種類はシミタイプ別に選ぼう!

コンシーラーは「リキッド、クリーム、スティック、ペンシル」の4種類が一般的です。それぞれの特徴は以下の通り。

リキッド 液状で塗りやすいですが、ゆるいテクスチャーなのでカバー力は低め。チューブタイプ、先が筆になっているなど、塗りやすく工夫されているものもあります。
クリーム リキッドよりは固まっていて塗りやすい。チューブ入りだけでなくパレットタイプなどもあり、色を混ぜて自分に合うカラーを作れるものも。
スティック リップクリームのような形でかなり固く、伸びませんがカバー力は高め。使い勝手が良いので愛用者が多いタイプです。
ペンシル 鉛筆状で油分が少なめのタイプ。ピンポイントで小さなシミをカバーしたい方にはオススメ。広範囲のシミを塗りつぶすのは至難の業。

広範囲で薄いシミを隠すなら、リキッドかクリームを。カバー力は低いですが伸びが良いので、シミ全体の印象を和らげることができます。色が濃く目立つものが広範囲に…という方は、リキッドよりカバー力が高いクリームタイプが良いでしょう。塗るときは一度手にとって馴染ませてから塗ると、よく伸びて自然な仕上がりになります。

狭い範囲の濃いシミを隠す場合は、スティックかペンシルでしっかりカバーするのがオススメ。しっかり塗りつぶす&コンシーラーの周囲と肌の色を自然にぼかして、シミなし美肌を完成させましょう。

どっちも気になる!という場合は、コンシーラーの併用もアリだと思います。まずはリキッドで全体を覆い、それでも目立つものをスティックで消す…など、自分に合ったW使いを見つけてください。ただし、やりすぎると顔の色だけが違って見えたり、印象が不自然になるので注意が必要です。

コンシーラーの色はどう選ぶ?

コンシーラーはファンデーションのように様々な色がありますが、ベストチョイスは「自分の肌よりほんの少し暗めの色」。地肌より明るいとコンシーラーが浮いてしまい、隠した事がバレバレになってしまうので避けましょう。

消したいシミがいくつかある、という場合は場所によっても顔色が異なります。また、体調や日焼けの程度によっても顔色は変化します。そのため、複数の色が入ったパレットタイプか、2色以上を混ぜて使うのがオススメです。初めてコンシーラーを購入する方は、ドラッグストアやコスメカウンターで相談すると最適な色を教えてくれるので、参考にしてみてください。

自分に合うコンシーラーが見つかったら、早速メイクしていきましょう!コンシーラーはファンデーションのタイプによって使うタイミングが異なるので、ご注意ください。

パウダーファンデ+コンシーラー の場合

  1. 化粧下地を薄くお肌全体に伸ばします。
  2. コンシーラーを気になるシミ、ソバカスなどの隠したい部分より一回り大きく塗ります。コンシーラーの周囲を丁寧にぼかすことが仕上がりが自然になるコツです。
  3. ファンデーションを全体に塗ります。
    ナチュラルに仕上げる場合は筆を使ってルースパウダーのように。他の部分もしっかりカバーしたい場合はスポンジで乗せていきましょう。コンシーラーを塗った部分を筆やスポンジで軽くおさえるとしっかり馴染み、メイク崩れ防止になります。

リキッドファンデ+コンシーラー の場合

  1. 化粧下地を伸ばした後、指またはスポンジでファンデーションをしっかり顔全体へ伸ばします。
  2. パウダーと同様、コンシーラーを気になる部分より一回り大きく乗せます。こちらもしっかりとぼかして馴染ませましょう。
  3. カバー力が足りない場合は、その部分のみに追加でファンデーションを乗せます。コンシーラー同様ぼかして馴染ませると、厚塗りも気になりません。
  4. 筆かパフでフェイスパウダーを乗せます。コンシーラーをした部分は筆・パフでかるくおさえてから全体に乗せていくと、ムラができにくいです。

そこまで難しいテクニックはありません。どちらもナチュラルに作るポイントは「コンシーラーをきちんと周囲のお肌と馴染ませること」。これさえ守れば、簡単にシミなし美肌が完成します!

シミ隠しにオススメ!当サイト厳選・頼れるコンシーラー3選

おすすめのコンシーラーを3商品紹介します。あなたにぴったりのアイテムを見つけてくださいね。

濃いシミには…「ウルトラカバーコンシーラーWP」!(EXIA)

ウルトラカバーコンシーラーWP_キャプチャ画像
画像参照元:株式会社EXIA HP(http://www.jhuc.jp/)

日本人の肌色にあわせて調色された国産製品で、黒系タトゥーまできれいに消せる超強力コンシーラー。ウォータープルーフで汗や水に強い上、擦っても落ちず服にも色移りしないのでシチュエーションを問わずオススメです。

薄いシミには…「ブライトアップファンデーション」!(カバーマーク)

ブライトアップコンシーラー_キャプチャ画像
画像参照元:カバーマーク HP(http://www.covermark.co.jp/shop/g/g4935059042CLV/)

特殊パウダーによる自然なぼかし効果、保湿成分配合でお肌に優しい、スティック直塗りでもナチュラルに決まり、時間がたってもヨレない優秀コンシーラー。薄いシミからちょっと濃い目のシミぐらいまでは柔軟に対応できます。

広範囲のシミには…「エッセンスファンデーション」!(Reiko kazki)

エッセンスファンデーション_キャプチャ画像
画像参照元:REIKO KAZKI オンライン通販サイト(http://www.kazki.co.jp/onlineshop/)

オリジナルカラー・かづきイエローで赤みや色素沈着をまとめてカバー。とろけるような滑らかさですーっと広範囲に伸び、厚塗りにならずにシミをカバーできます。配合成分にもこだわった、美容液のようなファンデです。