タトゥー隠しコンシーラー徹底比較 HOME » タトゥー隠しにおすすめのコンシーラー特集

タトゥー隠しにおすすめのコンシーラー特集

タトゥーを隠すには色々な方法がありますが、肌が露出してしまう場所を自然に隠すには、コンシーラータイプがオススメ。メイク用のものを使うのではなく、タトゥーを消せる威力を備えた「強力タイプ」を用いることで、いとも簡単に自然なお肌を演出できます。

タトゥー用の「強力コンシーラー」とは

お肌の色に対してタトゥーの色は非常に濃く、普通のファンデーションやコンシーラーを塗っても存在を消しきることはできません。

そのため、タトゥーが入っている方は冠婚葬祭に着ていく服が限られたり、温泉やプールを遠慮したり、と肩身が狭い思いをしていることが多いのではないでしょうか?

そこでご提案したいのが「強力コンシーラー」。

メイク用のコンシーラーよりカバー力にかなり優れており、顔のシミやソバカスなら一度塗りでしっかりカバー。何度か重ねて塗ることで黒系の濃いタトゥーもまったく目立たない状態にしてしまうのです。

タトゥー除去手術を受けなくても一時的にタトゥーを消す事ができるので、「タトゥーには思い入れがあるので消したくないけれど、公の場ではマナー違反だから見せられない」というシチュエーション(パーティーや結婚式、仕事や面接など)で大活躍します。

また、動きや汗水にも強く、メイクヨレや色移り、時間経過で徐々に落ちてしまう心配もありませんので、温泉やプールなど水に長く浸かるようなときにも非常に便利です。

ここではそんな強力コンシーラーについて、価格や成分などの基本情報、気になる部分のカバー力、メイクの落ちにくさ、仕上がりの自然さ、おすすめ用途など、1アイテムずつたっぷりと解説していきます。

お気に入りの1品をみつけて、タトゥーを隠さなければいけないタイミングが来ても慌てないようにしましょう。

ウルトラカバーコンシーラーWP(EXIA)

日本人に合わせて作られているコンシーラーで、シミ・アザ・タトゥー隠し専用となっています。肌に悩みをさっと隠してくれる強力なパワーを持っており、撮影現場ではプロのヘアメイクさんも使うほど。クリームタイプなので伸びもいいですが、ひと塗りでも気になる肌悩みが隠せます。また、こすれにも強いのが最大の特長です。肌にさっとフィットして、服への色移りもしにくく使いやすさ抜群。水や汗にも強いので、プールや温泉などでも使えると人気が高いです。

色は全4色から肌色に合わせて選ぶこともできますし、4色のうち複数の色を組みあわせることで自分のオリジナルカラーを作ることも可能なコンシーラーです。タトゥー消し専門というだけあり、強力さが人気のポイントであり、コンシーラーの特長となっています。

SCボディーカバーファンデ(マーシュフィールド)

ボディ専用として作られているコンシーラーで、肌の悩みを隠すパワーはもちろんのこと、タトゥーを隠したいときにもおすすめです。伸びがとても良いクリームを使っており、乾くのに時間がかかるので、塗りなれない人でもゆっくりと塗ることができます。指先でなじませるだけという簡単さが評判の逸品です。クリームが乾くのはゆっくりという点で、気を付けなくてはいけないのが乾くまでの時間です。乾くまでは触れないようにしなくてはいけませんが、乾いてしまえばベタつきもなくなり、汗や水もしっかりとはじいてくれます。

色は全4色から選択でき、タトゥー以外に傷跡や色素沈着、血管腫隠しに有効です。

カクシーラーEX(ドリーム)

カバー成分が従来の450%アップという驚異の数字が人気の秘密。さっと塗るだけでタトゥーまで隠すことができます。強力なカバー力がありながら、スクワランやマカデミアナッツという美容オイルが配合されているので自然に重ね塗りも可能です。油分があるため保湿効果があり、肌のこわばりも気になりません。

カラーは全2色となっており、比較的明るめの色合いとなっているため、肌の色が明るめの人には使いやすいでしょう。ただし色が濃い肌の持ち主は、単品使いというよりはファンデーションと併用するタイプのコンシーラーとして使ったほうがいいですね。ヘッド部分は1.5cmとなっているため、大きめのタトゥーやシミでも楽に隠すことができます。

スポッツカバーファウンデイション(資生堂)

1980年から今まで、多くの人に愛され続けているコンシーラーです。人気の理由はその金額。資生堂でありながらも、1,296円というかなり安い金額で手に入れることができます。部分用と全体用で分かれていてカラーバリエーションも豊富なので、自分に合った1色が見つかるはず。

効果としては、少し薄めのシミや傷跡などを隠すことができます。濃いシミやタトゥーになると何度か塗り重ねないと消えないことも多いので気を付けてください。朝つけて夕方までちゃんと持つという声も多いですが、特に汗や水に強いというわけではないので、こすったり水につけたりしないように気を付けましょう。

ダーマカラー パーフェクトカバーコンシーラー(ダーマ)

ドイツ製のタトゥーファンデーションとして知られており、海外ではとても有名となっています。国内で手に入れるためには、大手の通販サービスなどを利用することになります。カバー力が高いのは、ダーマカラーはタトゥーを消すために開発をされたコンシーラーだからです。カバー力が高いので、タトゥー以外にも濃いシミもしっかりと隠すことができるでしょう。

テクスチャーが固めなところが特徴ですが、伸びにくさによって使いづらいと感じる人もいます。伸びにくいので、ピンポイントで悩みを解消したいときに向いています。反対に顔全体のくすみをワントーン明るくする、というような使い方はあまりおすすめできません。

タトゥー隠しだけではなく、ニキビやシミを隠すこともできます。

ブライトアップファンデーション(カバーマーク)

コンシーラーとしてではなく、部分用ファンデとして販売されていますが、カバー力が高いのでコンシーラーとして使うことができます。実はコンシーラー以上ともいわれているほどの実力。特殊パウダーを配合しているので、お肌のキメを整えながらカバーしてくれます。塗っていることを気づかせないぐらいにぼかして自然です。

また色のバランスもいいから肌になじみやすく、カバー力は抜群となっています。保湿効果もあるので、時間がたっても潤いが保てます。

それほど濃い発色ではないのと同時に、ヘッドが小さめなのでタトゥーは隠し切れない可能性がありますが、軽いシミなどには十分すぎる効果を発揮します。

クリエイティブコンシーラー(イプサ)

1色だけのコンシーラーを使うのではなく、3色をセットにしているのが特長です。色を混ぜて自分だけのオリジナルの色を簡単に作ることができます。そのため、肌の悩みや消したいものに合わせてこまめに濃さも調整できるでしょう。

ただし最初は自分に合う色の組み合わせを見つけることが大変なので、試行錯誤しながら混ぜる色の量を調整して作っていきましょう。

カバー力としては、シミやソバカスには十分な効果があります。ただしタトゥーは隠し切れないことも多いため、気を付けてください。またモチはとても良いほうで、一度肌にのせるとちゃんと密着してくれるので、化粧もちも良くなって表情の変化で崩れることもありません。

エッセンスファンデーション(Reiko kazki)

かづきれいこ先生の手がけるブランドから登場しているコンシーラーです、カバー力は強いままで、保湿成分や植物エキスを配合しているのが特長です。まるで美容液を塗っているような効果まで得ることができます。なめらかな使い心地なので、初心者でも使いこなしやすいコンシーラーといえるでしょう。

日本人の肌を研究した結果、作られたかづきイエローという色1色の展開ですが、日本人の肌色に合わせてくれているため、肌なじみも抜群です。カバーはしたいけどナチュラルさは忘れたくない、肌にできるだけ負担を少なくしてあげられるかにこだわりたい、というときにはおすすめです。