【番外編レーザー】でタトゥーを隠す

レーザーでタトゥーを隠す(消す)

温泉やプールなどに行きたいと思っても、タトゥーが入っていると利用できません。それに、仕事や結婚などを邪魔してしまうこともあります。コンシーラーやシール、テープなど、タトゥーを隠すアイテムを利用すればタトゥーは隠せますが、長期的に隠したいと思う人にとってはあくまでも一時しのぎ。

もうタトゥーを消したいと思っているのなら、レーザー治療という選択肢もあります。レーザー治療とは、タトゥーの入っている部分にあてて色素を薄くする治療のことです。ネット上では、レーザー治療はきれいに消えるという情報がたくさんあるため、レーザー治療を受ける人も少なくありません。

しかし、レーザー治療にはいいことばかりではなく、悪いところもあります。ところが、レーザー治療を受ける人の多くがそのデメリットを知らないのです。では、レーザー治療のデメリットとは一体なんでしょうか。そこで、レーザー治療を受ける前に知っておきたいポイントをご紹介します。

レーザーでタトゥーを隠す

レーザー入れたけど、諸事情で隠したいと思う人は多いです。ですが、中にはレーザーを完全に消してしまいたいと思う人も少なくありません。仕事の関係で邪魔になった、身内から消してほしいといわれた、などが主な理由です。また、広範囲に入れてしまったため、隠すのが大変というのも一つの理由でしょう。そういった人は、タトゥーを完全に消す方法として手術を考えるようです。

手術にも色々な種類がありますが、レーザー治療のほうがよく選択されます。なぜなら、レーザー治療なら完全にタトゥーが消える、レーザー治療なら痛みが少ないと思われているからです。しかし、この解釈には少々問題があります。レーザー治療を専門的に行っているドクターは、レーザー治療はタトゥーを消すためのものではなく、薄くするためのものだと話しているからです。

多くのクリニックでは、タトゥーが完全に消えると謡っていますが、そのような症例はごくわずか。大半の人は残ってしまうそうです。では、なぜレーザー治療でタトゥーが消せないのでしょうか。まず、タトゥーを入れた場所にレーザーを充てると、タトゥーの色素に反応します。このとき、肌は火傷を負い、肌にはかさぶたが作られ、タトゥーを覆ってしまいます。すると、何度レーザーを当てても傷がはじいてしまうため、タトゥーは薄くなりません。

また、最新のレーザー治療としてピコレーザーという方法が出ています。これまでのレーザー治療が不得意としていた色付きのタトゥーも消すことができるようになりました。ですが、ピコレーザーにも弱点はあります。青色や緑色などには効果が期待できても、赤色や黄色は苦手としているからです。それに、国内でピコレーザーが受けられるクリニックはまだ少ないのが現状。治療費もかなり高いですから、全員におすすめすることはできません。

レーザー治療の注意点

また、多くの人はレーザー治療を痛みのない簡単な治療だと思っているようですが、これもデマ。個人差もありますが、レーザー治療を受けた人の中には、お産の次くらい痛かったと言っている人もいるくらいです。レーザー治療を行っているクリニックによっては、ゴムではじかれる程度の痛みだと述べているところもありますが、これもデマ。

レーザー治療を専門的に行っているドクターからすると、レーザー治療は機関銃で撃たれているほどの痛みを味わうそうです。では、なぜレーザー治療に関するデマが流れているのでしょうか。理由の一つに、クリニックの宣伝の仕方が関係していると考えられます。クリニックの中には利益重視で、患者のことよりも利益を生み出そうと考えている悪質な場所もあります。

そのようなクリニックで治療を行ってしまうと、「レーザー治療は簡単」、「レーザー治療は痛くない」というような甘い言葉をささやかれてしまうとか。実際に、そのような言葉に騙されてレーザー治療を行った人が治療後に苦しんだという例もあります。また、レーザー治療は傷跡が残る治療方法です。中には、レーザー治療なら傷跡も残らないと思っている人もいるようですが、完全なる嘘です。

レーザー治療を行った後に水ぶくれができた、レーザー治療でやけど後ができたというような苦情が消費者センターに多く寄せられています。そのような人たちは、タトゥーを消すための治療が痛くて苦しいものだということを知りません。タトゥーを消すための治療を行った人は、治療を行う覚悟がないのならタトゥーは入れないほうがいいとまで言っています。

なのでタトゥーを消すためのレーザー治療はとても苦しいものです。気軽に行おうと思ってやるべきではありません。一番いいのはタトゥーを入れないことですが、もう入れてしまった人は今更過去に戻ってやり直せませんよね。なので、安易にレーザー治療を選ぶのではなく、コンシーラーなどで隠してしまうのがいいでしょう。

死ぬほどの痛みに耐えられる覚悟を持てるようになってから、初めてレーザー治療を視野にいれるといいのではないでしょうか。そして、これはほかの治療方法にも同じことが言えます。痛くない治療方法なんてありませんし、きれいに消えるとは言い切れません。

レーザー治療の費用について

そんなレーザー治療ですが、皮膚からタトゥーを消すためには大体5回ほど通院するのが一般的です。1回でタトゥーを消すことはできませんので、大体はこのくらいの回数通院することを頭に入れておきましょう。そう考えると、気になるのはレーザー治療の費用。5回ほど通うと一体どのくらいの費用がかかるのでしょうか?レーザー治療費用の目安は、回数と範囲によって決まります。例えば、5cm×5cmの範囲をレーザー治療する場合、一回にかかる費用は4万円ほどです。単純計算で5×4をすると20万円かかることがわかります。

範囲が狭いのにここまでかかるの?と驚かれる人もいるかもしれませんが、タトゥーは消すほうがはるかに大変。最近ではピコレーザーという高度なレーザー治療も出てきていますが、同じ範囲を行うと20万円以上はかかってしまいます。ただ、これはあくまでも5cm×5cmの目安です。もう少し範囲が狭い人なら20万円以下で収まりますし、5cm×5cmよりも範囲が広い人は20万円以上かかってしまいます。

クリニック選びの注意点

はっきり言ってレーザー治療は高いです。それでも、元からタトゥーを消したいと思うのであれば、クリニック選びには注意しなければなりません。適当なクリニックを選んでしまうと、満足のいく結果が得られないからです。まず、大前提としてタトゥーや刺繍を消した実績のあるクリニックを選びましょう。多くのクリニックではタトゥーや刺繍を消す課程の写真が載せられています。

しかし、それにつられすぎてしまうと思ったような効果が得られないどころか、後遺症を患ってしまう可能性も否めません。なので、必ず実績があるか確認しましょう。次に、必ずドクターが施術を行ってくれるクリニックを選んでください。本来、タトゥーのレーザー治療は医療行為の為、ドクターしか行えません。しかし、一部のクリニックでは看護師が行っているようです。違法なクリニックなので、そのようなところでは治療を行わないようにしましょう。

レーザー治療を行うクリニックについて

タトゥーのレーザー治療は実績があり、医師がきちんと施術を行ってくれるクリニックを選ぶべきだとお伝えしました。とはいえ、レーザー治療ができるクリニックは全国にたくさんあります。どこを選んでいいのかわからない人も多いでしょう。そこで、口コミでの評判がある程度いいクリニックをいくつかピックアップしました。

まずは、大阪梅田中央クリニック。大阪の梅田駅や中津駅から近い場所にあるクリニックです。駅から近くて通いやすいという声や、痛みはあるけれどアフターケアがしっかりしているから安心できるという声がありました。次は、城本クリニック静岡院。新静岡駅などに近いクリニックです。個人差もありますが、レーザー治療はさほど痛くないとのこと。ネット上での評判もよく、安心して通えるクリニックのようです。

元から消えるというメリットはありますが、大金を支払わなければいけないことと、手術が失敗する可能性もあることを考えておかなければなりません。安易に料金などで飛びつかないようにしましょう。