使い方

タトゥーも消せる強力なコンシーラーはカバー力ばかりに目がいってしまいますが…正しい使い方や落とし方を徹底しないと逆に高いカバー力が仇と なり、お肌を痛めてしまうことに。

コンシーラーの使い方をマスターしよう

使い方をきちんとマスターし、お肌を守りながら気になるお肌の色味を隠しましょう。

まずは、正しい塗り方から!

やや時間のかかる方法ですが、非常にキレイで自然な仕上がりになります。塗り方のコツは「一気に消そうとしないこと」です。

1.消したい部分に先にファンデーションを塗っておきます。

2.小さい部位の場合は、筆の柄にコンシーラーをつけてスタンプを押すように少しずつ乗せ、指でなじませます。大きな部位の場合は筆やパフで乗せていき、コンシーラーの周囲を指でなじませていきます。

3.消したい部分が気にならなくなるまで、スタンプ&馴染ませを続けます。

4.上からパウダーファンデorルースパウダーを乗せると、かなり自然な仕上がりに!

顔に使うなら、部位別にこう使う

コンシーラーは直接乗せずにまずは手に取り、ブラシなどで量を調整するのが鉄則です。そして、どこに塗るかによって塗り方も変えるとより美しい仕上がりに!一番難しい「顔まわり」のテクニックをご紹介しましょう。

  • 目元のクマ
    下まぶた近くから頬へ向かって斜め外側に数回塗り、馴染ませればOK。
  • 頬の小さなシミ等
    カバーしたい部分よりふたまわりくらい大きめにコンシーラーを乗せて、境界線をぼかして馴染ませます。
  • 小鼻周り
    少量を気になる部分丁度ぐらいのサイズで乗せ、周囲をぼかして馴染ませます。
  • 口元
    口角に向かって斜め上にシャープな感じでラインを引き、馴染ませるのは軽くで大丈夫です。
  • ほうれい線
    短い猫のひげを描くように、ほうれい線の上に3~5箇所乗せ、スポンジで全体的に馴染ませていきます。色でカバーするより光で飛ばすのが有効なので、明るいコンシーラーを使いましょう。

メイク直しには率先してコンシーラーを使う

化粧直しの画像外出先で、ちょっとメイクを整えるのにもコンシーラーは大活躍。ベースメイクの崩れをさっと整えられる、賢いアイテムなんですよ。

まずは必ず汗や皮脂のティッシュオフを。シンプルケアですが、仕上がりに大きな差がつくので必ず行いましょう。

そして早速コンシーラーの登場です。ベースメイクの崩れ部分は薄く、気になるシミやほくろはしっかり丁寧にカバーしていきましょう。最後にパウダーをはたけば、メイクしたての自然な雰囲気がよみがえります。

これだけだとのっぺりした印象になってしまうので、必ずチークは入れてくださいね。

コンシーラーだとファンデを何度も重ねてつけるよりも軽い仕上がりになり、色々な肌悩みもばっちりカバーできますね。

ただし、当サイトでご紹介しているコンシーラーの中には油分が少なく乾燥感が強いものもあるので、顔全体に使うのは避けてください。ベース崩れには普通の美容向けコンシーラーを、ポイント隠しには強力コンシーラー、と使い分けるのがオススメです。

強力コンシーラーはメイクオフに注意

メイクオフの画像

オイルやジェルタイプの強めのクレンジング剤をしっかり馴染ませたのち、丁寧にすすいで落としきりましょう。

すすぎは皆さんバシャバシャっと手を動かしてしまうと思いますが、これは間違い。ぬるま湯を手にすくい、顔を浸すようにして洗い流すのが正解です。

落ちないからと言ってゴシゴシするとお肌を痛める大きな要因になるので、なるべく顔と手が触れないように、摩擦が起こる回数を減らすと肌への負担も減らせます。

ちなみにすすぎは最低でも30回は行わないと汚れが落ちきらないんですよ。

クレンジング剤のヌルヌル感が残っているようでしたら、W洗顔を。メイクや洗顔料がお肌に残らないよう、しっかりと丁寧に優しく洗い上げてください。

最後は再び丁寧にすすぎ、完了後はすぐに保湿ケアを行いましょう!たくさん負担をかけてしまったお肌をしっかり労わってあげないと、さらなる肌トラブルに繋がりかねませんのでご注意を。

強力なコンシーラーは正しい使い方をしないと、「あからさまに何かを消している」というのがバレバレになってしまいますし、お肌を痛める原因にもなります。

コンシーラー初心者の型は慣れるまではやや時間がかかると思いますが、ご自身の隠したいポイントにあわせて、正しい使い方&落とし方をきちんとマスターしていきましょう。