タトゥー隠しコンシーラー徹底比較 HOME » タトゥー・刺青を隠したい!こんな時どうする?

タトゥー・刺青を隠したい!こんな時どうする?

タトゥー・刺青はファッションとして認知されている一方、風当たりが強い場面は多々あります。肌を露出せざるを得ない場面、冠婚葬祭、仕事上など、実に多くの場面でまだ「隠したほうが良い」とされています。

こういったとき、どのように隠せば良いのでしょう?

シチュエーション別・タトゥー&刺青の隠し方

タトゥーを入れている方なら既に色々な場面で痛感されていると思いますが、タトゥーを気軽に見せられるのは実はプライベートなときぐらいで、そのほかの場面では基本的に隠さなくてはいけないのが、今の日本における常識です。

約60年前までは法律でタトゥーは禁止されていた上、まだ「刺青=暴力団」というイメージが強く、年配世代からは特に敬遠されてしまいます。

また、タトゥーを入れた若者は「チャラチャラしている」印象が強い、「親から貰った体に傷をつける」という行為に良い印象を抱いていない方も多いため、世間全体でのタトゥーのイメージは良いものではありません。

なので、タトゥーは場面に応じて上手に隠す必要があります。

  1. 温泉や銭湯など隠すものがないシーン。シールやコンシーラーなど肌に馴染むものを使うのがオススメ、あえて隠さず刺青OKのお風呂を探すのも手です。
  2.  プールなどのレジャー施設。近年は日焼け対策で長袖のラッシュガードが流行していますので、是非着用しましょう!シールやコンシーラーは変な日焼け後が残ります。
  3.  冠婚葬祭など公の場。服で自然に隠すか、コンシーラーでナチュラルにカバーします。シールや包帯など、確実に見た目がおかしい隠し方はNGです。
  4.  仕事や面接など。こちらも服で自然に隠すのがベスト。万が一のため、コンシーラーをカバンやデスク内に常備しておくと急な対応が必要になった時でも安心です。

日本ではまだまだタトゥーを入れている人の肩身は狭いので、TOPに応じてきちんと隠して、周囲の人、目上の人に失礼のないようにしましょう。